婚期が掴めない男女の特徴

婚期が掴めない男女の特徴として下記に記しておきますので是非参考にして下さい。

消極的な男

何と言っても女性は基本的に積極的な男を好みます。
いつの時代も女性はリードされたいという気持ちでいっぱいなのです。
そこへ「私は本当に恋人が出来るだろうか?」「この人と上手くいくだろうか?」と思いリードしていても先のような考えを抱き心ここにあらずという状況ですと女性は拍子抜けをしてしまうことでしょう。
更に嫌われないように恋愛マニュアル通りの行動をするような内気な性格だった場合もダメです。
既に出会いのチャンスは訪れているのに自分から遠ざけているかもしれません。

自慢話をする人

こちらは話題の一環として場を盛り上げようとして自慢話をするのですが相手は別にそのような事は望んでいません。
楽しくなる所か一層雰囲気を重くしてしまうこと間違いなしです。
雑学も自慢の一つになります。
「ねぇねぇの由来は知っている?」「この用語は本当はどのような意味なのか知りたい?」「この食べ物はどのような理由があるのか説明しましょうか?」というようなキーワードも絶対に禁句です。
つい口をついて出てしまうかもしれませんが、そこは我慢をするようにしましょう。
更に「以前、人もの女と付き合ったことがある」「自分のタイプではないから別れた」というような話もNGになります。

ここで何故?と疑問を抱いた方の為に説明いたします。

先に述べた恋愛話をしてしまうと「私も遊びなのかな?」と懐疑心を抱くようになってしまうのです。
こちらは本気なのに女性の方からしたら「所詮、本気ではなく遊びなんでしょ」と決め込んでしまい以後、全く相手にされないといったケースもあるかもしれません。

ですから恋愛話は口に出さないで下さい。

プライドが高く自己中心的な男

これは論外です。
我が強くて相手の気持ちを考えずに自分の意見だけを強引に押し通す、いつも自分が一番だ!と思っているならば当分の間は結婚は出来ません。
この世は自分だけの世界では出来ていないのです。
当然相手にだって都合があるし会いたくても時間の折り合いがつかない場合もあります。
そのような時は「また今度で良いよ」「お互い時間の都合が合う時にゆっくりと会おう」というような気持ちで接しなければいけません

後、自分のプライドが汚されたり他人より劣っていると分かれば周りが見えない傾向に男性はあると思います。
少しでも励ましたり心配して「大丈夫?」と声を掛けようものならば発狂して怒り出すこと間違いないでしょうね。
そのような態度を取れば相手は「せっかく心配して声を掛けた(励ましの言葉を掛けたのに…)怒られる理由なんてないわよ」と思われてしまうのがオチです。
そうなると無視を決め込んでしまい話はおろか顔も合わせてくれない事かと思います。

精神的に余裕がない女

仕事は頑張っているのにも関わらず自分の能力が認められずに給料が低いと分かると男性は突き放してしまいます。
何故かと言いますと給料が低いともなれば表情が暗くなって満足に人とも目を合わせなくなり元々色気があるのに次第になくなってしまう。
男性は給料が低くても表情が明るく色気がある方が良いので精神的に余裕がない人は遠ざかってしまうのです。

出来上がった人を求める

まずは外見で判断します。
次に給料面で最後に上手くエスコートしてくれるか?で選びますので男性からしたら重くなってしまい、ひかれてしまうことでしょう。

先に述べた事柄を意識して改善に取り組めば自ずと結婚に近づける事でしょう。